未来を呼び寄せる「予祝+写真眺め理論」 No.063

日常生活
この記事は約2分で読めます。

嬉しい未来を書き込み祝ってしまえば、その通りになる

嬉しい未来の状態を書き込んで予め祝ってしまえばそのとおりになる、という話ですが、さらにそれを画像にして壁などに貼っておき、常々繰り返し見るという効果抜群の技があります。

これは既に古典的な方法と言ってよいでしょうね。ザ・シークレットもこれに当たるでしょうし、受験生が「◯◯◯大学 絶対合格!」などと机の前に貼り紙しているのも原理は一緒ですね。

さらに望みの未来を紙に書き、何度も眺めるだけで叶う

望みの未来を紙に書き、あるいは写真を飾り、何度も眺めるだけで叶うとすれば、およそ誰でも、すぐに簡単にでき、絶大な効果のある技を追求する極意塾としては、格好の実験材料です。

ということで、私もかなり徹底してやってきました。写真はその一部です。こういうものを部屋の目立つところに貼っておき、事ある度に眺めています。

上手くいくものもあれば、そうならないものもあり

実験の結果は、簡単に上手くいくものもあれば、なかなかそうならないものとがありますね。

上高地に行くとか、伊豆大島に行くとかは、簡単なはずなのに、もう10年も実現されないままです(笑)。

絶対に実現しなければならないものは、さらなる技が要る

自分ひとりの事には氣合が入らないこともありますが、責任のある事に対しては、眺める度に氣が引き締まりますね。

本当にどうしても絶対に実現しなければならないものに対しては、さらに上を行く技が要るようです。

No.064

文:極意塾塾頭 野中由彦