快適さを増し、不愉快さを減らす方法 No.042

広告
対人関係
この記事は約2分で読めます。
広告
広告

情報に強く影響される現代社会

心身の状態は、何を見るか、すなわち、目から入るもの(光景)ばかりでなく、耳から入るもの(音)、鼻から入るもの(香り、臭い)などにも、そして情報にも同様に強く影響されています。

マスコミはじめ、周囲にはマイナス情報が溢れています。これをまともに浴びて、いつも氣分を損ねていた自分がいましたが(笑)、そんなものは実は自分の生活にはまったく必要がないものばかりだったんですね。

暗いニュースを見て自分も暗くなる

暗いニュースを見て自分も暗くなる、などという生き方をしている必要なんてまったくないんですね。ようやく氣が付きました(笑)。

事故や事件などの暗いニュースを無視するわけではありませんが、瞬間パッと見て、事実情報を理解するだけで、すぐ意識から消すようにしています。

さらには、幸福度に甚大な影響を与える人間関係も同様です。愉快な人と付き合っていれば愉快になります。不愉快な人と付き合っていれば不愉快にならざるを得ず、心身ともに不調になります。

快適さが増し、不愉快さが減る方法とは?

これはもう抵抗のしようもないことなんですね。ならば、結論は単純で、明るく朗らかなプラスの人と付き合い、不愉快なマイナスの人からは遠ざかれば、快適さが増し、不愉快さが減るというわけですね(笑)。

そうもいかない状況はありますでしょうが、できる限りそうするだけで、およそ誰でも、すぐに、簡単に、お金もかけずに、、幸福に生きることが出来るようになります。

さらには、自分の心の中にある想い、すなわち、意識は、もっと直接的に甚大な影響を心身に与え続けています。それは、具体的には、言葉(思考)とイメージ(想像)です。

言葉とイメージを常に自分自身にプラスの影響を与えるものに変える。これは原理としては、いたって単純です。

しかし、本当にそうすることはたいへん難しい、と考えられているようですが、極意塾では、これを極めて簡単な方法ですぐ実現する技を提案しています。(その具体的方法は別途詳しく。)

自分に影響を与えるものを、すべてプラス影響に変える

自分に影響を与えるものを、すべてプラスに影響するものに変える。マイナスに影響するものからは遠ざかる。これを徹底すれば、楽しく暮らす、幸福に生きることができる。そうすることに遠慮は要らないのですね。

これは藤平光一師に、中村天風師に、そして直接的には落語家の金原亭世之介師匠から学んだことを極意塾風にアレンジしたものです。

No.042

(極意塾塾頭 野中由彦)