豊かさを実感して生きる極意:持ってないけど有る理論③ No.088

広告
極意の紹介
この記事は約2分で読めます。
広告
広告

無い物ねだり

持ってないけど使えるものがたくさん有ると考えると、「豊かさ」を実感して生きることができますよ、という話です。(^o^)🌼

人間は基本、無い物ねだりのようです。

実は十分豊かなのに、すでに有るものには目もくれず、無いものにばかり氣を向ける傾向があります。

(しかし、これも安全で豊かな状況を得るための習性のようなもので、けっして悪いばかりのことではないようです。)(^_^;)🌷

私は持ってはいませんが……

例えば、乗り物。
自動車の例は既に出しましたが、電車、バス、飛行機、船、等々‥‥私は何一つ持っていません。

しかし、乗ることが出来る電車、バス、飛行機、船は、既に数限りなく有ります。

しかも、自分で運転する必要もなく、安全快適で、性能もどんどん良くなっています。(^o^)🌸

今年、イギリス縦断の旅に行ってきましたが、「持ってないけど有る乗り物」にたいへんお世話になりました。

飛行機‥‥所有しようとしたら大変なことになります(笑笑)。

しかし今や、一般庶民の私でも、飛行機を所有し維持管理するのにかかる費用と比べると、超超超格安の経費で、羽田からロンドンまで、約12時間弱で行けてしまうんですね。(^o^)🍀

今でこそ「そんなの当たり前じゃないか」と言えますが、たった150年前だったらどうでしょう?

あり得ない、考えられない、信じられない事です! ‥‥

飛行機ばかりでなく、電車もバスも船も、持ってないけど有る、そして使えるものが、世界中に無数に既に有るのです!(^o^)🌹

信じられないほどの豊かさの中に

私たちは先人たちには信じられないほどの「豊かさ」の中に生きていると言えます!

しかし、その「豊かさ」は、すべて先人たちの発明、労働、改良、蓄積によって築かれた「豊かさ」です。(^o^)🌻

問題は、その「豊かさ」を実感出来ているかどうかですね。

「豊かさ」を感じるのは簡単です。
持ってないけど有るものの恩恵を数えてみればいいですね。

先人たちから受けている恩恵を数えると感謝の念が生じます。

その時同時に「豊かさ」を実感出来ます。

No.088

(極意塾塾頭 野中由彦)

広告
極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾

コメント