豊かさを実感して生きる極意:持ってないけど有る理論④ No.089

広告
極意の紹介
この記事は約2分で読めます。
広告
広告

大自然の恵みの価値は?

「豊かさ」と言えば、大自然からの恵みですねぇ。

毎年、食べる物を繰り返し育て恵んでくれる大自然。

太陽の恵みを金銭の額に計算したらいったいいくらになるやら(笑笑)。(^_^;)🍀

私は子どものとき、家にまだ電気がありませんでした。

電気が来たのは、小学5年生の時でしたから、それまでは灯りといえば石油ランプでした。

隣家は、自分の家から見える所にはありませんでした。

もちろん街灯などはありませんので、夜は人工の灯りは皆無の状態でした。(^_^;)🌷

すると、晴れた夜ともなると、天空には無数の星が見えました!

天の川がくっきりと見えました!
昴もはっきり見えました!
もちろん肉眼でです。
*\(^o^)/*🌼

よく見える眼の恵み

私は有り難いことに素晴らしくよく見える目に恵まれていました。

小学6年のとき、5メートルの位置で測る視力表の2.0が、13メートル離れた所からはっきり見えました。(しかも雨が降って暗い日に)。(^_^;)🌷

ですから肉眼で7等星まで見えてました。

無数の星がキラキラ輝き響き合う天空ショー!
それが有ったのです!
そして今も有るんです!
持ってはいませんが有るんです(笑)。
*\(^o^)/*🍀🌹🍀

持っていないけれど有る物の豊かさ!

◯◯万ドルの夜景、などという表現がありますが、貧しい家の貧しい子どもだった私には、そんな◯◯万ドルの夜景なんかより遥かに高価な景色、大自然が与えてくれている「豊かさ」が有ったのです!(^o^)🌼

星空ばかりではありません。
山、川、海。
持ってないけど有る物の豊かさは、私が持っている物の何兆倍か、何京倍か。いやそんな計算なぞまったく意味がないほど、私は無尽蔵の「豊かさ」の中に生きております。

持ちたいのに持っていない物のことを思うのも自由、持ってないけど有る物のことを思うのも自由、‥‥私次第です(笑笑)。

No.089

(極意塾塾頭 野中由彦)

広告
極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾

コメント