仕事を着実に進ませる極意:何かひとつ理論(2)+ガッツポーズ理論 No.133

広告
仕事
この記事は約2分で読めます。
広告
広告

疲れ果てて元氣がでなくても・・

元気が出ない、疲れ果てている、そもそもやりたい仕事ではない、というようなマイナス状況下でも、作業を着実に進める技の話です。(^o^)🌹

台所に洗い物が山と積まれている‥‥見るだけでウンザリ、という時、何でもいいから何かひとつ片付ける。

コップ1個、‥‥洗う。洗い終わる。

その時ガッツポーズを取ると効果倍増! ←ガッツポーズ理論 (^o^)🍀

ひとつやったのだからそこでやめてもオーケー!

しかし、やめてもいいとなると、せっかく目の前にやることがあるのだから、やめるのも悔しい、という思いが湧きます(笑)。(^_^;)🌸

何かひとつやったらガッツポーズ!

なのでまた何でもいいから何かひとつ片付けてガッツポーズ!

すると三つ目はもっと簡単にやれます!

また何でもいいから何かひとつ片付けてガッツポーズ!(^o^)🌻

するとだんだん、やりたくないだの何だのと思っていたこと自体がバカバカしくなってきて、サッサと全部やってしまう!

そして仕上げのガッツポーズ!(^_^;)🌼

こんなことを何百回となく実験してきました。

全部「何かひとつ」

すると、面白い現象が起きてきました。

何をするにも作業の名前が「何かひとつ」になってきました!(^o^)🌷

茶碗を洗うのではなく何かひとつやる。
窓を開けるのではなく何かひとつやる。
靴を片付けるのではなく何かひとつやる。
風呂を沸かすのではなく何かひとつやる。
洗濯するのではなく何かひとつやる。
洗濯物を干すのではなく何かひとつやる。‥‥‥

一日中、やっていることは、「何かひとつ」という名の作業ばかり!(^o^)🌺

やることは手、足、口を動かすことだけ

こうなってくると、何をするかは大して問題ではなく、好きも嫌いもどうでもよくなってきます。

「人間のやることは、手、足、口を動かすことだけ」(城野宏)という言葉が思い起こされます。

そして作業は着実に進んでいるのです!(嬉)
*\(^o^)/*🍀🌷🌸🌹🌸🌷🍀

広告
仕事極意の紹介
広告
広告
フォローする
広告
極意塾