要は各自工夫しなさいということ No.262

広告
スポーツ
この記事は約2分で読めます。
広告

極意塾では、ストレスを減らし幸福度を上げる技を共有しましょうということをしています。
最近よく思うことですが、この「技」というものは、人によって効果が異なるし、状況によってはやらないほうがよい場合もあります。
そう言っては身も蓋も無いのですが(笑)、事実そうであるから受け入れる他はありません。

ある方が「これをやれば誰でも必ず成功できます!」と断言しておられました。
その方法とは、実践項目を書き出し、それが出来たかどうか毎日チェックして、出来たなら◯を、出来なかったら✖️を付けるというものです。

古くはベンジャミン・フランクリンの13徳目の実践方法と同じ原理ですね。
理に叶っています。
わたくしも何度も何度もトライしました。
しかし、どうにもわたくしには合わないやり方のようで、特に成果をあげることもなくいつしかやめてしまっていました。
意志が弱いとかの問題ではなく、相性の問題だと分析しています。

極意塾では、これでもかとばかり、およそ誰でも、すぐに簡単にでき、絶大な効果のある技を取り上げ紹介しています。
これの趣旨は、その通りやるとよいというよりは、こんな例がありますから参考にして、今の貴方の状況に応じて工夫してみてはいかがでしょうか、という辺りにあります。

例に挙げたやり方も、まずその通りやってみて、合わない部分があるようならば、そこから自分で工夫して応用し実験してみると身に付くやり方が見つかるという理ですね。

習慣を見直し、ストレスを減らし幸福度を上げるには、各自の状況をきちんと把握して個別に対応するのが原則だということですね。

【極意塾 2020/12/09】

広告
スポーツ仕事学習日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾