極意塾が世の中のお役に立てた嬉しい事例  No.279

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

1月5日の投稿で、話を脱線させない簡単な技として、「話の中身をテーマからずれないようにするには、話の出だしを固定すればオーケーです。」と記しました。
これを忠実に実践実験してみた方から、嬉しいご報告をいただきました。

「本日の勉強会、枕詞を決めただけで、誰ひとり1分越えませんでした。
『私にとって今日得た学びは、〇〇です。』にする予定でしたが、『本日私にとってのビックリは……』にしたところ、めちゃくちゃユーモラスで笑いっぱなしでした。感激しました!」

このような報告をいただくことは、この上なく嬉しいものだとこちらこそ感激しました!(笑)。
「私にとって今日得た学びは……」という出だしでは、真面目すぎてちょっと興味が湧きませんね。
そこを「本日私にとってのビックリは……」から話が始まるとなると、「オッ、何にビックリしたんかい⁇」と思わず耳を傾けてしまいますね。
次々とビックリ話が続くのですから、聞いているほうは樂しいでしょうし、語るほうも自分がビックリした事だけを語れば良いので断然樂になりますね。
その結果、誰ひとり制限時間の1分を超えなかったというオマケまで付いてきたというわけですね。

こういう工夫が素晴らしいですね。
枕詞を固定するという、およそ誰でも、すぐに簡単にできる技で、いきなり、何ら努力も要せず、シェア会が樂しく面白く有意義なものになった! 素晴らしい結果が出た!……我意を得たり!、です。