少しでも前に進んでいるのなら良しとする! すぐに進める状態をキープする! No.283

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

私は、改善、変革を遂げようとしている時、なかなか思うように進まず、焦ったり苛立ったりすることがよくありました。
しかし、ある時「ほんの少しでも前進しているなら、それに満足しよう!」と決めてから氣持ちがとても樂になった経験があります。
諸々の事情で、必ずしもいつも順調とはいかない、まったく進んでいないまま時間が過ぎていくのは珍しくないことでした。

しかし、そういう時、「停止しては駄目だが静止しているのは悪くない」という考えに接し、それ以来、心がけています。
停止は、エンジンが止まっている状態。再開するには、エンジン点火からやらねばなりません。
静止は、エンジンは止まっておらず、いつでも動き出せる状態。信号待ちのようなものですね。
イライラせず、焦らず、機会が来たらサッと動き出す! いつも虎視眈々と構えている!……私は、それをずっと課題にしてきたように思います(笑)。

よく微差は大差、継続は力なり、と言われますが、それを証明することになるかどうか(笑)、こんな計算をしてみたことがありました。
★ 「微差は大差」「継続は力なり」の根拠!?
例えば、100を基準に、その1%を上積みし101となったものに、次にまた1%を上積みし、‥‥とやっていったらどうなるか。
10回で、110.46(1割増しに)
70回で、200.68(2倍に)
100回で、270.48
111回で、301.77(3倍に)
162回で、501.26(5倍に)
232回で、1005.91(10倍に)
365回で、3778.34
500回で、14,477.28
1000回で、2,095,915.56
ちなみに、10,000回では、1,635,828,711,189,040,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000

反対に、100のものから1%引いて99とし、以下、そのまた1%を引くというのを続けると、
10回で、90.44
69回で、49.98(半分以下に)
100回で、36.60
111回で、32.77(3分の1以下に)
161回で、19.83(5分の1以下に)
230回で、9.91(10分の1以下に)
365回で、2.55
500回で、0.66
1000回で、0.0043
微差は常に微差ですが、積み重なれば大差になりますね。しかも信じられない程の(笑)。
それに、微差といっても、元の数が大きいと、それは既に大差なんですねえ。

広告
スポーツ仕事学習日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾