より樂しくより豊かに暮らすために〜極意塾の原点〜 No.292

広告
この記事は約1分で読めます。
広告

私は、1994年から1996年にかけて、精神障がいのある人の職業リハビリテーションの研究に従事していました。
その流れで、ある精神障がい者リハビリテーション施設で、働く生活に移っていくためにはどうすればよいかをテーマに、連続セミナーを行っていました。
これは、お互いに知恵を出し合い、経験を披歴し合って、一緒に生活を改善していこうというものでした。

「生活のしづらさ」を抱えている人、そして残念ながら経済的に恵まれているとはいえない人が大半でしたから、それは、そこにいるおよそ誰もがすぐに簡単にできるもので、お金もかからない、それでいて効果があるものでないといけないという条件が付いていました。

そこで出てきたものは、「生活の改善」という題の生活改善術集にまとめられました。
思うに、これが極意塾の原点でした。
既に、25年の歳月が過ぎています(笑)。
このページでは、今も変わらず生活改善の技として有効なものを選んで、少しずつアップすることとします。

広告
仕事 学習 対人関係 日常生活 極意の紹介 自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾