ドンッと先ず結論を言う! ~落合博満氏のトーク術は秀逸~(1) No.330

広告
この記事は約1分で読めます。
広告

最近はユーチューブをよく視聴するのですが、わたくしはプロ野球の落合博満氏に注目して次々視聴しています。
落合博満氏のことは、初めて首位打者をとった頃から、その言動に関心があり、ずっとフォローしていました。

落合博満氏の話は、見ていて聴いていて、とにかく面白い!
いつの間にか、話に引き込まれてしまっています(笑)。
その理由は何かなと考えたのですが、先ずはドンッと結論を言い切ってしまうことかと思いました。

江川「4ゲーム差があって、あの時点で優勝できると思っていましたか?」
落合「思ってた。100%思ってた」
(中日の監督8年目、セリーグ優勝した後のインタビュー)
万事、こんな感じで話が始まります(笑)。

核心を突く一言がポンッと飛び出てくる感じですね。
それがまた常識とはかけ離れた事であることが多く、「なんで?」と耳も目も釘付けにされてしまう……この繰り返しです。

起承転結、序破急は、物語には向いているでしょうが、短時間の、それも超の付く短時間のやりとりでは、起、序を語っているうちに心は別のものに移ってしまいます。
「結論⇒理由」
この超シンプルなスタイルが合う……落合博満氏はそう読み切っていたのではないかと思うのであります。

広告
仕事 対人関係 日常生活 極意の紹介 自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾