極意塾的生活:物の置き場を固定し捜し物をしない No.351

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

相変わらず、極意塾的生活を続けています(笑)。
やることは簡単で効果は大きい!……そういう習慣を体得して樂しく快適に暮らしましょうというのが、極意塾の趣旨です。

時として、提案する習慣があまりにもありふれたものであることがあります(笑)。
しかし、実際に繰り返しやってみて氣付くことは、どんな単純な習慣にも程度というものがあるということです。

およそ誰でもすぐに簡単にできる単純な習慣で、生涯を通じて時間のセーブ、ストレス軽減に多大な効果があるとしたら、それは素晴らしいではありませんか(笑)。

この物の置き場所を一ヵ所に限定する習慣。わたくしは、これを数段上のレベルで徹底してやってみようと思い、実験しました。
○ スマホは常に右内ポケット。
○ ハンカチは常にズボンの右後ろのポケット。
○ 筆記用具は常にポーチの前のスペース。
この程度はまだ普通でしょう。
○ パソコンを持ち歩くときは常にバッグの一番手前。
○ スマホ充電器は常にバッグの内側奥。
○ バッグのファスナーの取っ手は常に真ん中。
○ 食器、調理器具等、台所の物は常に同じ場所に置く。
○ 衣類、本、CD、その他家の中のあらゆる物を常に同じ場所に置く。
こんな感じで、すべての物の置き場所をこまかく特定し、けっして違わないようにしてみました。

すると、何か欲しいときに、最速、最短距離で手が行くようになり、いつもいささかも違えることが無いという状況が現れだしました。
「あれ? どこだったっけ?」と手探りするようなことはまったく無い。いつもスンナリ手にしている。
これは、毎回とても心地好いことで、それだけで氣分がよくなります。

捜し物をしてなかなか見つからないストレスは皆無、毎回スッと次の動作に入る快感!……小さなことですが、人の幸せとは、こういう小さな満足、マイナーエクスタシーこそが幸福の正体のように思われます。
それが毎日毎回、何百回、何千回と重なると、幸福度が大差になっている、というものではないでしょうか?

広告
スポーツ 仕事 学習 日常生活 極意の紹介 自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾