極意塾的生活:わずかな行動で心を変える No.355

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

過日、テーブルコーディネーターという方のお話を聴く機会がありました。
テーブルをコーディネートする……美しい食器を美しく並べる、花を飾る、テーブルクロスり柄を食事に合わせる等々、さまざまな工夫を懲らし、食欲を増す、食事をより美味しくする、座を樂しくするといった効果を引き出す。そういうことなのでしょう。

お話を聴いて、「極意塾的だなぁ」と思ったものです(笑)。
本格的にコーディネイトするまではいかなくても、例えば、テーブルの上にある物が曲がっていたら真っ直ぐにする、同じ皿が四つあったら同じ間隔に配置するというようなごく簡単なことでも、心は影響されます。
自分でそれを行うときは必ず自分の心を使っているから当然ですね。

わたくしは、職場のサイドテーブルを「日本一綺麗にしよう!」と考えて、毎朝、これ以上ないほどに磨き上げる実践を続けたことがありました。
こういうことも実際にやり始めると、さまざまな氣付きが生まれます(笑)。
サイドテーブルといえども、日本一美しくするには、雑巾も水もそれなりのものでなくてはなりません。ということで、超極細繊維のテーブルダスター、液晶画面用の洗剤水などを買い込むことになりました(笑)。

サイドテーブルがこれ以上ないほどに綺麗になっている! それを見るたびにいい氣分がしたものでした。
そこまで徹底しなくても、目の前の物をちょっと動かして美しくする、取りやすくするといった、ほんのわずかなことでも、心の状態を変えることができます。
どうやればどう変わるか……やればその場ですぐわかることですね。

広告
スポーツ 仕事 学習 対人関係 極意の紹介 自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾