極意塾的生活:マイナス感情をプラス感情に変える No.359

この記事は約1分で読めます。

最近、量子学のことが多くなりました。
量子力学は、塾的な生き方を科学的に理論付けてくれる面があるように思えます。

そのひとつが、パラレルワールドという見方です。
同じに居ながら、その人の次第で世界が全然違うものになる、という理論です。

例えば、カフェに幼い子どもを連れた母親たちが入って来て、赤ちゃんが大で泣き出したとします。
近くに居たAさんは、「うるさいなぁ、たまらないなぁ、連れてくるなよ」と思いました。
Bさんは、「ああ、幼い子の泣き声っていいなあ、元氣をもらえるなあ」と思いました。
Cさんは、今読書に夢中で、赤ちゃんの泣き声などは、耳に入ってはいるのでしょうが、氣にもとめませんでした。
このように、同じ場所で、同じに遭遇しているにもかかわらず、意識によって、感じている世界が異なっています。

これは、いつでもどこでも誰にでも生じている現象ですね。
ですから、意識を変えれば感じる世界が変わりますよ、パラレルワールドですよというわけです。
量子力学のあるによりますと、例えばNHKから日テレにチャンネルを変えるようなもので、の周波数を切り変えるだけで別の世界に行けるのだということです。
(以下、次回に)