極意塾的生活:命令暗示法を実践 No.367

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

中村天風師にはたくさんの事を学び、実践してきました。
中村天風師は、幸福になる方法を初めて具体的に示した人という評価があるくらいですから、当然極意塾的です。

最近再びしっかり実践していることがあります。
それは、命令暗示法です。
命令暗示法とは、鏡に映る自分の顔に、自分のなりたい状態を命令的な言葉で、例えば、「お前は、信念が強くなる!」「お前は、もっと元気が出る!」と発声するというものです。
これは、寝際に、30~60秒間、真剣に、一事項だけ、現実化するまで同一命令を続行するというやり方です。

そして、目ざめ直後には、前夜、命令したことを、すでに具体化された状況で、断定した言葉で表現する。例えば、前夜「お前は信念が強くなる」と命令したら、それを「私は、信念が強くなった」と、自分の耳に聞こえるように言うというものです。
これは断定暗示法といい、目覚め直後にやることとされていますが、一日中、回数多くやる方がより効果的とされています。

(簡単に自分を知る極意:鏡理論(3) No.302[極意塾 2021/02/09(火)]ですでに紹介済みです。)

これまで何度もトライしてきましたが、30~60秒間というのを理解しておらず、数秒間で済ましていました。そして、これといった大きな変化を体験することもなく、いつの間にかやめてしまっていました(笑)。

再開しての命令は、「お前はプラスの心で生きる人になる!」です。
今までもプラスの心で生きてきたつもりですが(笑)、こういうものには程度があります。
最高度にプラスの心で考え、話し、行動し、人に接し、社会に貢献する人になる!……これをその状態が具体化されるまで続けるわけです。
まことに極意塾的な生活ですね(笑)。

広告
スポーツ仕事学習対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾