極意塾的生活:断定暗示法を実践 No.368

広告
この記事は約1分で読めます。
広告

中村天風師にはたくさんの事を学び、実践してきました。
最近再びしっかり実践していることがあります。
それは、断定暗示法です。
これは前回記述の命令暗示法とセットになっているものです。

寝際に自分に命令したことを、すでに具体化された状況とみなし、断定した言葉で表現するものです。
例えば、前夜「お前は信念が強くなる」と命令したら、それを「私は、信念が強くなった」と、自分の耳に聞こえるように言うというものです。

(簡単に自分を知る極意:鏡理論(3) No.302[極意塾 2021/02/09(火)]ですでに紹介済みです。)

これはワンツースリーパンチのように強烈です(笑)。
なにせ一日に何度も声を出して断言する、そうであって、そうではないことを許さないという決めごとですから(笑)。

再開しての命令は、「私はプラスの心で生きる人になった!」です。
今まで以上に、最高度にプラスの心で考え、話し、行動し、人に接し、社会に貢献する人になる!……これをその状態が具体化されるまで続けるという実践です。
これは標準で半年以上、これでもか、これでもかと繰り返します。
まことに極意塾的な生活ですね(笑)。