人の内ではなく外に原因を求める(2) No.381

広告
この記事は約2分で読めます。
広告
人は変えられないとはよく言われることですが、人の性格や能力などではなく、その人を取り巻いている外的要因を変えることに注力すれば、意外に簡単に変わる可能性があります、という話です。
 
人の性格や現時点での能力といった内的要因は、変えるとしたら、膨大な時間と労力が要りますし、それでも変わらない可能性のほうが高いでしょう(笑)。
 
ですが、その人の外的要因にはすぐにも変えられものが有りますね。
 
勉学にいっこうにやる氣がみられない生徒がいたとします。
なぜ勉学に励もうとしないのか? その原因は何なのか?
 
「根がぐうたらだからだ」
「もともと知能が低いんだよ」
などと言っているようでは何一つ改善されませんね(笑)。
 
ここで外的要因を探るというわけです。
 
「家庭に何か事情があって、満足な栄養を摂れていないのではないか?」
「何か氣にかかる事があって勉学に集中できるような状態ではないのか?」
「自分は勉学に向いてないと思い込ませる何かがあったのではないか?」……
 
このように誠実な関心を持ってその生徒の外にある原因を探っていくと、意外にあっさりといつも嬉々として勉学に励む生徒に変身できる方法を見つけ出す可能性がありますね。
広告
スポーツ仕事学習対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾