図解なら紙は横置きにする No.425

広告
この記事は約1分で読めます。
広告

チェックリストにある「縦横を替えたら」の実例です。

わたくしは、紙に書くとき、基本、紙を縦置き(縦長)にして書いていました。

それはそうしたほうが整理に便利だからです。

ところが、最近、図解のようなものを描くなら横置きにしたほうが脳のためには良いという話を聴きました。

こういう話を聴くと、わたくしはすぐ実験したくなる習慣が付いています(笑)。

それ以来、紙を横置き(横長)にして書くようにしています。

確かに、横置きにしたほうが全体を眺めるには都合がよいように思えますね。

それは、写真、パワーポイント、ズーム画面その他、横置き(横長)が圧倒的に多いことも影響しているのでしょう。

またしても「どうしてこんな簡単なことに氣が付かなかったのだろう」と思ったのでした(笑)。