世界肯定感を育む No.427

広告
この記事は約2分で読めます。
広告

最近、自己肯定感という言葉よく聞くようになりました。
確かに、自分の価値や存在意義を肯定できるか、できないかは大きな問題でしょう。
しかし、わたくしは、それ以前に、この世界を素晴らしいと思えるかどうかがとても大事ではないかと、ずっと前から思っておりました(笑)。

誠に有り難いことに、わたくしは物心ついたときには、この大自然は信じがたい程に美しい、この世界は実に素晴らしい!と思っていました。
その思いは、これまで一度も揺らいだことがありません。

この世界は完璧!素晴らしい!、しかし、人間はそうとも限らない……出発点は、そういう発想でした(笑)。

ストレスを減らし幸福度を高めるというのが極意塾の目的ですが、この根本的な世界観がプラスかどうかは、幸福感に徹底的な影響があるでしょう。

では、世界観はどう作られるのかとなると、難しい問題ですね。
わたくしには、分かりません(笑)。そしてきっと分からないままで終わるでしょう。

しかし、実体験としては、大自然の中に居る、大自然に触れる、大自然の働きを目の当たりにする経験が、この世界をプラスの心で受け入れることにつながるように思われます。

わたくしは、誠に運が良いことに、子どものとき、大自然の中で、大自然の織りなすさまざまな雄大な、時として繊細な光景を眺めながら暮らしていました。
その時のえも言われぬ心地よさが、心の底辺で、生涯ずっと続いているように思います。

何か大きなストレスがかかったとき、人生がうまくいかず絶望感が湧くとき、……そういう時はこれをやれば良いというものがあったら良いでしょうが、それが何かは簡単には分かりません。
けれども、大自然の中に身を置くというのは、必ずや癒やしになるのではないでしょうか?

世界観を正す極意は何かと訊かれたら、わたくしなら、大自然の中に身を置く、大自然の働きを眺めることをお勧めしますし、自分自身もそうしています(笑)。

無性に海を見たくなる、無性に森の中を歩きたくなる、無性に山に行きたくなる、無性に川や野原を眺めたくなる、無性に草花を眺め続けていたくなる……こういう感情はとても健康的な心でしょう。出来るのな遠慮なくすぐにそうすれば良いと思います。

広告
スポーツ仕事学習対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾