事前対策:「生き直し」ゲームの実際(8) No.452

広告
この記事は約1分で読めます。
広告
後に国際協力の仕事をさせていただくことがありましたが、正直言って最後まで英語力がネックでした。
 
通勤時間はいつも英語のテープを聞く等のそれなりの努力は重ねましたが、英語で自由自在に会話し、読み書きしているレベルになってはじめてうまくいく世界には入りきれませんでした(笑)。
(とは言え、英語で3時間講演するというような仕事も、なんとかこなしたりしてきましたが……。)
 
しかし、いずれそういうことをする日が来るのを事前にキャッチして、対策を練って、ほんの少しでも勉強しておくチャンスは中学生のときからいくらでもあったのでした!
 
しかも、語学は学ぶのが早ければ早いほど習得が速くて樂なものですね。
 
今のわたくしが極意塾塾頭として、中学生のわたくしの指導に当たるとしたら、メインの項目のひとつとして、英語学習の事前対策を徹底して練ります。
 
そして、いざとなれば英語教師、あるいは予備校等での英語講師として収入手段を確保しておく道を開きます。
 
たとえそういう機会が現れなかったとしても、英語の映画を字幕無しで樂しむ、英文の本を辞書無しで速読するというような洒落た暮らしができるようにはなれたのでした(笑)。
広告
スポーツ仕事学習対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾