潜在意識を変える(1) No.460

広告
この記事は約2分で読めます。
広告
躾に関する話の延長です。
 
健康・成功・幸福を実現するために、思考・行動の習慣を変えるというのが極意塾のトレーニングの眼目です。
これは、必然的に潜在意識を変えるということにフォーカスすることになります。
 
最近、潜在意識のことで衝撃的なことに出会いました。
それは、「無意識は意識よりも先に決めている」ということです!
 
例えば、指を動かすということでは、「筋肉を動かすための運動神経の指令(無意識)は、心が『動かそう』と意図する脳の活動()よりも0.35秒も先だ」というカリフォルニア大学の実験が紹介されています。
 
そういうことであれば、人の行動を決めているのは脳の無意識で、意識はその後で自分が決めたと記憶しているだけということになります!(※)
 
人はいつも無意識に動かされている!
それなら、無意識、すなわち潜在意識を変えれば人は変われるということであり、意識を変えただけでは人は変わらない、潜在意識まで変えないと本当には変わらない、ということになります。
 
これは、自分を変えるということについての明確な指針になりますね。
 
躾というのは、成長の初期に潜在意識を整えることと捉えられます。
幼少期に正しく躾けられれば、その後潜在意識を変えるという大事業に取り組む必要がありませんので、人は樂に健康・成功・幸福を得られるというわけです。
 
しかし、残念ながらと言うべきか、多くの人は真っ直ぐに健康・成功・幸福に向かう思考・行動の習慣を体得できていません。
だから、潜在意識を変えるという課題を背負っている、ということですね。
 
※前野隆司著『無意識の整え方』(ワニ・)10頁~11頁
広告
スポーツ仕事学習対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾