文字も音声も使って確実に伝える No.474

広告
仕事
この記事は約2分で読めます。
広告
確実に伝えるならば、文字・音声の両方で伝えると良い、という話です。
 
過去に会った方々の中で、最も連絡の上手い人は誰だったろうと思うとき、必ず思い出す女性がいらっしゃいます。
 
この方の連絡方法は、目にも耳にも、というやり方でした。
 
例えば、○月◯日◯時から会合があるというとき、この方からはいつも葉書が届きますし、そして必ず電話も来るのでした。
 
通常、どちらかで済ますことが圧倒的に多いと思われますが、わたくしも、いざというときはこの方に倣って、文書を送り電話もするようにしておりました。
 
文書だけでは読まれたかどうか確認することができませんし、電話だけでは記憶違いが生じる恐れがあります。
 
これは二度手間と考えるよりも、文字情報、音声情報の合わせ技で、確実に情報伝達する優れた方法だととらえるべきでしょう。
 
この手法は、勘違いなどによる事故を未然に防ぐ事前対策にもなり、実際、「あぁ、電話もしておいて良かった」「やはり葉書なりファックスなり、文字でも伝えておくのは必要だな」と何度も思ったものでした。
 
これは、実際問題としては、いつもそうするものだと決めておけば、数が多くない限りはほとんど負担には感じません。およそ誰でも、すぐに簡単にできる技ですね。
広告
仕事対人関係日常生活極意の紹介自己改革
広告
広告
フォローする
広告
極意塾