人に好かれる極意 No.033

対人関係
この記事は約2分で読めます。

どうすれば人から好かれる?

人に好かれまくる人生ならば、快適至極でしょうねえ。誰しもできることならそうなりたいでしょう。しかし、現実問題としては、すべての人に好かれることはありえません。

それどころか、身近な、この人にだけはと思う人にさえ、好かれるのが難しい。そういう人が大半ではないでしょうか(笑)。ところが、世間は広いですね〜。

人に好かれる極意を語っている方もいます。その方ご自身は、多くの人に、それも松下幸之助さんはじめ錚々たる方々にも好かれまくってこられています。どうすればそのようになれるのでしょう?

その方の技は、単純です。お礼をする。およそ誰でも、すぐに簡単にできることです(笑)。その方の何が違うかと言えば、お礼の仕方が半端じゃない。

手紙を書いて出す

やっていることは、手紙を書いて出すことです。もちろん手書きで。黄色い紙に緑の墨、大きな文字という独特なスタイルです。これはインパクト絶大です。

手紙のスタイルは、人それぞれでよいでしょう。手で書いて出すという行為が感動を呼ぶのですね。お礼の仕方は、他にもいろいろあります。

好かれたかったら、お礼をする

いずれにしても、お礼をされて気分が良くない人はいないでしょう。よそ様に好かれたかったら、お礼をする。この一点です。

反対に、よそ様に好かれたくなかったら、お礼を一切しない、手紙どころか、お礼の言葉も一切言わない。これだけで十分です(笑)。この技?もまた絶大な効果があります(笑)。

この技は、具体的には、長く異業種交流を主催してこられた方から学んだものです。その前に数多くの事例を見てきましたが、この方の方法が最もインパクトがありました。

No.33

(極意塾塾頭 野中由彦)