ストレスや恐怖をコントロールする極意 No.020

日常生活
この記事は約2分で読めます。

恐怖を自在にコントロール出来る?

これから大災害をはじめ、たいへんな恐怖に襲われることがどれほどあるかわかりません。

たいへんな恐怖ばかりでなく、小さな恐怖、ちょっとしたストレスもカウントすれば、人はあたかも四六時中、恐怖の中に生きているようなものです。

この恐怖を自在にコントロール出来たら、断然幸せに穏やかに生きていけるでしょうね。そのための、およそ誰でも、すぐに、簡単に、お金もかけずに出来る、いたって簡単で、効果絶大な「技」が有ります。

肛門を締め、肩の力を抜き、下腹に気を込め、恐怖を解消

ストレスや恐怖からすぐに逃れる極意:肛門を締める

これは、「クンバハカ」という中村天風師が広めた技です。クンバハカは、正式には、肛門を締めると同時に、肩の力を抜き、下腹(臍下丹田)に気を込める、という3点セットです。

やってみれば分かりますが、本当にこれ以上出来ないほどに肛門を締めると、自ずと肩に力は入らず、下腹(氣)に力がこもります。

私はこれを1995年10月21日に、天風会で薫陶を受けた方から聴きました。以来、その効果のすごさに何度驚いたか知れません。

海外赴任時に、その効果を実体験

その後、外国に3年間単身赴任することとなったのですが、この3年間は、この技で、どれほど助けられたかわかりません。

偉い人と会う、大勢の前で一人で喋る(しかも外国語で)、火事!、事故!、地震! イラッと来る、不安になる、失敗しないかと心配になる、‥‥あらゆる種類のストレス、恐怖が襲ってきた時、瞬時に肛門を締めるだけで、、恐怖からすぐに逃げ出せました(笑)。

この技のオリジナルは、中村天風師です。ただし、白隠禅師(1686年~ 1769年)が同じ事を語っていたということですから、元々の開発者は、おそらくもっとずっと前に生きていた人なのでしょう。

「クンバハカ」の技は、極意塾発想の本

この肛門を締めるという技は、スポーツのパフォーマンスを瞬時に高めたい時にも効果があります(それはまた別の機会に)。

このクンバハカは、長く実践しするうちに、「およそ誰でも、すぐに、簡単に、お金もかけずに出来る、いたって簡単で、効果絶大な技」を共有しよう、という極意塾の発想の本となったのでした。

極意塾としては、このクンバハカを伝え広めるだけでも十分な価値があるのではないかとさえ思えます。

No.020

(極意塾塾頭 野中由彦)