過去をそのままにしておく必要はない

仕事

過去の意味付けを変える極意:プラスの言葉理論(6) No.189

無念の想いを晴らすチャンス! (前の記事からの続き) 自分の過去に、あるいは過去の自分に「良かったね」とプラスの言葉をかけると、過去の意味付けが劇的に変わることがある、という話です。 中学時代は、何ひとつ思いに任せず、悔しさだ
2020.04.13